2013年12月12日   第4回マレーシア数独大会が開かれる

img13120001_2

img13120001_3

img13120001_1


11月30日から2日間に渡って、マレーシアの首都クアラルンプールで第4回数独チャンピオンシップが開催されました。毎年1度開かれるこの大会は、年々参加者が増えており、今年は300名を越える人たちが数独を楽しみました。タイムトライアルを競うだけでなく、親子や恋人でペアになって競うカテゴリーもあり、大会はとても家族的な雰囲気でした。
ニコリはメインスポンサーとして、問題と賞品を提供しました。

2013年10月11日   鍜治真起 初のシンガポール訪問

img13100003_1

img13100003_2

img13100003_3


ニコリ社長鍜治はシンガポールの数独ファンの招待で、9月16日初めて
シンガポールの地を訪れました。
Greendale Primary School, Nanyang Primary School と2つの小学校で講演をし、パズルの楽しみ方や、数独に
まつわるエピソードを披露しました。

夜は、シンガポールの数独ファンたちとパズルを楽しみながら楽しく歓談しました。

2013年10月10日   マレーシアで第1回小学生数独大会開かれる




9月15日、マレーシアの首都クアラルンプールで小学生の
数独大会が開催されました。
マレーシア数独協会(Malaysia Sudoku Association) と
教育省(Ministry of Education)が全国の小学校に参加を呼びかけました。

38校が参加しました。各校4名の選手を選抜し、学校別に
数独の技術を争いました。
ニコリはテクリカルサポーターとして、問題を提供し、
社長鍜治真起はプレゼンテーターとして、表彰式に臨みました。
マレーシアでは、論理的な思考を学ぶために数独を
教育に取り入れていく方針で、この小学生の大会は
これから毎年開かれることになります。

2013年10月4日   ニコリ HYPER JAPAN に参加

img13100001_1

7月26日から28日までイギリス・ロンドンでHYPER JAPANというイベントが開かれました。
このイベントは日本の文化をイギリスの人たちに紹介するというもので、2010年から続いています。
今年は3日間で48000人の人たちが、日本の食文化や伝統文化、そしてゲームやコミックという新しい文化を楽しみました。
ニコリも自分たちのブースを持ち、日本の文化であるペンシルパズルの数々を紹介し、そして一緒に楽しんでもらいました。

2013年6月5日   ニコリ モノマチに参加

img13060001_2

img13060001_1


5月24日から26日、ニコリは「モノマチ」というイベントに参加しました。
ニコリの事務所がある「蔵前」は手工業の街として長い歴史を持っています。
今も多くの職人が伝統の技術を引き継ぎながら生産を続ける一方、新たなクリエーター達
にとっても魅力的な街になっています。
370を越える、商店、工房、会社がこのイベントに参加し、その商品や技術を披露しました。
ニコリもオフィスを開放し、訪れた参加者と一緒にパズルを楽しみました。
「古くからニコリのファンでしたが、私の家の近所に会社があると思いませんでした。」
「数独以外にも楽しいパズルがたくさんあるのですね。」
3日間で600名を越える人たちが、ニコリのオフィスを訪れました。