2014年9月2日   シンガポールから若い数独大使がニコリ訪問

9月27日シンガポール Raffles Institution高校の男子学生10名が引率の Noel先生と一緒に、ニコリ社を訪問しました。
日本の古い数学「和算」(WASAN)や「算学」(SANGAKU)に興味があり、数独の大好きな10名は、2週間に渡る日本への修学旅行の最後のイベントに数独の父、鍜治真起の会社を訪れるという計画をたてました。
彼等は、鍜治の案内で社内見学をしたあと、編集部の中田から数独の作り方のレクチャーを受けました。そして、シンガポールではなかなか手に入らないニコリの数独の本をお土産として沢山買いました。