2016年06月27日 11:58

ギャフンとアチャッ。

 吉祥寺の通りを歩いていたら、中華料理屋の入り口に貼り紙が。
 「癒し中華あります」だと。アチャッ。素朴にうまい。パチパチ。

 ある地方の駅前の居酒屋に牧師のタムちゃんと入った。夕方で、私たちが最初の客。ハコは意外にでかい。ビールをたのみ、メニューを見ないで「枝豆、ポテトフライ、刺身の一番安いの」と2人で勝手にオーダー。
 「ハイ、ポテトフライはスティックとジャガイモ風がありますが」
 「あ、スティックで。ケチャップ多目で」
 「ハイ、わかりました」と店の女の子が明るく応えてくれた。彼女が大学3年生でメイちゃんという名前なのはあとでわかる。
 しばらくして白ワインをたのんだ。「いちばん安いのをボトルで」「ハイ、わかりました。1種類しかないので」「おおう、いいねえ、なおさらわかりやすい」
 彼女が白ワインとワインオープナーを持ってきた。私とタムちゃんは近況報告でしゃべっていた。彼女が立ったまま去らないのに気がついた。
 「あのお」
 「ハイ」
 「ワイン、どうやって開けるんですか」
 ギャフン。それからは親父のウンチク話、大学運営のバカ話、彼女の素性等々で3人は盛り上がり、旨い酒となったのだった。
 「メイちゃん、来年また会おう」
 「ダメですよ、また明日来てくださいよ。私、明日も入っているので」
 「バカ言ってんじゃないよ、オレたち忙しいの、実は」とタムちゃん。
 「ええええ、そう見えないんですけど」
 ギャフン。


 先週の夜、かみさんに誘われて、近くの公園(通称カニ山)へ昆虫観察に出かけた。8時頃か。その道(?)では有名な石川さん(推定48才)が「ライト・トラップ」という昆虫を集める設置からつきあった。面白い。
 畳1畳ほどの白いきれを垂らし、紫外線のライトを2つ点灯して、蛾や昆虫が来るのをひたすら待つだけ。最初はアチャッ。地味。
 やって来たのが、なんと3ミリ、5ミリのゾウムシの仲間、ハエトリグモの仲間たちで小さすぎるよ。
 ま、結論はその不思議な世界に興奮しもするのだが、2時間近く観察(?)して、蚊が多かった。
 石川さんは徹夜して、カブトムシも捕獲したらしい。
 ギャフン。徹夜かよ。

 夏が来ています。

#id16060003 | 雑ネタ | posted by 鍜治真起